スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコール 4月3日の会のご報告です

  06, 2016 19:43
◇お知らせ◇
次回のエコールは北村のTさん最終回です。
「裸婦固定ポーズデッサン」
日程 4月24日(9時20分~15時30分(終了後学習会あり)
その後の日程は
5月3日()、29日()、6月19日(
「720分裸婦固定ポーズデッサン」の予定です。
こちらの詳細は近日中にご案内させていただきます!

エコールのお申込み・お問い合わせはこちらまで↓
エコール・ド・ROJUE 事務局
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4月3日は北村モデルのTさん2回目、モデルさんの豊かな個性に引き込まれるように一同思い切り集中しての制作となりました。
次回のゴールに向けて皆さんどのように制作を進めていらっしゃるか、
京都アトリエROJUEの渡邊一雅先生の画評とともに今回もご紹介させていただきます。
愛情あふれる辛口アドバイスをどうぞご覧ください<(_ _)>
                       ◇◇◇
16年4月3日Iwさん
Iwさん(480分、左は前回240分時点)
頭部と首の胸部の関係が改善されました。これで随分と自然になりましたし、余計だった大きなノイズの様な調子も少し外れて、幾分か質感にも写実性が再現されてきましたね。木炭の乗りも増えて量感が増してきました。
些か頭部が長くなり大きくなった感じがしますが?顎関節部分と耳との関係を注意してください。後はこのまま進めていって良いでしょう、完成が楽しみですね。

16年4月3日Kaさん
Kaさん(480分、左は前回240分時点)
稜線が甘いです!従ってボリューム表現が、このままではかなり厳しいのではと懸念しますね?骨格等々はほとんど違和感も無くバランスが取れていますがヘソから下、恥骨から股間に掛けての構造に些か不自然さを感じます。
股間からバックラインの正中線、背骨から少なくとも頸椎までの動きと形をもっと読み取る必要がありますね。ただ見ていると通りに描いている気がしますが・・・?

16年4月3日Kさん
Kさん(480分、左は前回240分時点)
色味が随分と抑えられて調子のリアリティは些か増してきましたが、このデッサンも稜線にもう少し鋭さが欲しいところです。
今のところ全体に不明瞭で説明不足ってところですね。
それに加えて描き所、魅せ所のポイントをしっかり据えて、どこと言って見せ場の希薄なデッサンにならない様に進めて行って下さい。つまり一番感動している所を定めてしっかり描いていくことですね。

16年4月3日Mさん
Mさん(480分、左は前回240分時点)
頭部と胸部、背中との関係は改善されてバランスを持ち直しましたね。
先ず全体にまだまだ色味が浅過ぎていて、その分量感が乏し過ぎます。描き込みの質量共にもっともっと描き込んで欲しいものですね。
輪郭線が浮き過ぎています。従って今のところ輪郭線とは言えず、外見線として止まっていますので、もっと何れかの面、もしくは肌質に溶け込ませて回り込みを表現して下さい。
耳の位置もまだ違います。頬骨の稜頂を探してみて下さい。

16年4月3日Aさん
Aさん(480分、左は前回240分時点)
これはほぼ申し分無いでしょう・・・・ナイスですね!
写実性も高く丁寧に描き込まれています、膝関節にもリアリティが上がってきました。
強いて言えば足の輪郭線がやや重いかなってところですね。それと軸足の指の構造が些か不自然に観えていますが、モデルさんの特徴かもしれませんが、もしそうであれば絵上では直しておきましょう・・・後、欲を言えばバックの中高パーテーションの色味をもう少し押さえるか、もしくは逆にモデルの明度をもう少し上げるかどちらかでしょうね・・・

16年4月3日Iさん240 Fさん120
左・Iさん(240分)
大腿部と下肢膝下(脛骨腓骨)の長さが軸足と前に出した脚とは違って観えます。それにしても足全体の長さと形が不自然です。
大腿骨と膝下(脛骨腓骨)の長さの比率をしっかりと計測して下さい。上半身においては力強く描けています。
この方は毎回、鼠径部から下つまり脚の表現に研鑽が必要ですね。左右の鼠径部の角度がかなり脚の長さに関係してきますから、慎重に注意してください。
全体に存在感量感は良いでしょう。
このポーズのアングルからですと、下腹部から内腿への空間性、つまり股間を通り抜ける深さ表現がリアリティの決定打ですね。

右・Fさん(120分)
些か軸足よりも頭部が向かって左に寄り過ぎています。
従ってこれでは軸足の指先だけに比重が掛かり、暫くでも立つことは困難ですよ。床面に対して全体に左斜めになっていますね。
構図をしっかりと計画的に進めて行きましょう。
クロッキーの線としてはなかなかリアルな輪郭線を観察出来る方ですので、これからは120分でも焦らず欲張らず、自分で出来る限りリアルに描ける部分をしっかり描きましょう。
スキルにかなりの迷いがある時期ですが、スキルよりもウイルが大切です。期待しています。

16年4月3日Stさん120
Stさん(120分)
立姿ポーズとしての垂直に走る重心軸がしっかりしています。
軸足に比重が掛かっているのが良く表せています。しかし今のところまだまだ基礎力が不足しているため、観念性と先入観に支配され過ぎています。
ここで一度0ベースに戻って、しっかりと基礎力を付けていきましょう。
部分部分では観ていますが、全体をしっかりと合わせられるように。

                     ◇◇◇
以上、渡邊先生のワンポイントアドバイスでした。
渡邊先生、本気のアドバイスをいつもありがとうございます!
次回の完成作もよろしくお願いいたします。

エコールでは長時間固定ポーズを描きたいという皆様のご参加を
心よりお待ちしております。

エコール・ド・ROJUE

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。