スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコール 4月24日の会のご報告です

  27, 2016 14:12
◇お知らせ◇
次回のエコールは
5月3日()と29日(がいつものエコール、
そして
6月19日()が渡邊先生の直接指導の会となります!
詳細は一つ前の記事をご覧いただき、
お申込み、お問い合わせはこちらまで↓

エコール・ド・ROJUE 事務局
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

4月24日のエコールは北村のTさんの3回目最終回、
描き手もモデルさんもまさに真剣勝負!の3日間でした。
皆さんの力作にアトリエROJUEの渡邊先生からも直球勝負の画評をいただきました。
今回はご参加の方の中から6名の作品をご紹介させていただきます。
では早速ご覧ください!(順不同)
                       ◇◇◇
16年4月24日Kさん720
Kさん(720分、左は前回480分時点)
このアングルから最も大切な支柱がしっかりしていて、全体のボディーバランスは良いですね、輪郭も自然です。明部の繋がりも自然になって来ました。
顔、首、胸部と髪の毛の空間性と頭部の立体感、つまり上頭部、側頭部、頭部全体が平板ですね。もっとコロリとした周り込みが足りません。全体的には無難に描けていますが、何処と言って見所が無くデッサンにテーマが感じ取れないのが残念です。

16年4月24日Mさん720
Mさん(720分、左は前回480分時点)
随分と存在感が増してきてかなりリアリティが上がってきました。欲を言えば手前の脚、特に大腿部から臀部、腰、後背、上腕、肩から鎖骨に掛けての形、輪郭がシンプルにまとまり過ぎています。もう少し起伏は欲しいところですね。体流をもっとじっくり観察してみて下さい。
それとこれも髪の毛から頭部顔面部全体が平板で立体感が乏し過ぎますね。ヘア―スタイルだけに意識が引っ張られず、頭部全体のボリュームを表現する事が大事です。

16年4月24日Aさん720
Aさん(720分、左は前回480分時点)
これならほぼ完璧ですね!エクセレントです!コンプリート・・・!実に写実性が高くタブローとしてでも良いでしょう。
画面全体の空気感、明りの自然さ等々が実にリアルに表現されています。絵画系で最も重要視される画面全体が空間の一部であって、主題が人体であるという写実の基本が実に上手く仕込まれています。申し分無いでしょう・・・!
第三者的画評としてはこれが限界ですね!?後はご本人が如何様に着地点を希望しているか次第と、或る種のセカンドオピニオンや観る側の価値観や好みの問題に入っていきますね・・・

16年4月24日Kmさん480
Kmさん(480分、左は前回240分時点)
特に木炭デッサンにおいては成長段階で様々な過程を踏んでいきますが、この方は積極的で力強く勢いがありますね。
木炭の乗せ具合もしっかりしていますし、押さえ込みも良い様に見えますが、逆に些かデリケートさに掛けるとも言えます。
骨格も大きな外れも見受けられませんしプロポーションも良いでしょう。しかし輪郭線が単純にまとめすぎています。
大きな形や起伏ばかりしか観えておらず、人体本来のリアリティを感じせせる微妙な起伏(体流)をもっと見付けて、ボリュームの回り込みを強く意識する事ですね。輪郭線の持つ意味と効果をしっかり勉強してみて下さい。

16年4月24日Fさん240
Fさん(240分、左は前回120分時点)
軸足から頭部中心に床から垂直に伸びる主軸が、左倒れになったままなのが残念ですが、輪郭に微妙な起伏を見つけ出している所が各所に観えます。この方はそれだけ観察眼がある分けですから、後は先ずは質感表現ですね。鉛筆のタッチ(質)が狭くその上如何様に鉛筆を走らせれば良いのかが見付けられない状態に、陥っている様です。
もっと様々な独自のタッチを実験的に勇気をもって試してみて欲しいです。ハッチングを多用するのも良いでしょうし、普段から柑橘系や卵を描くのも質感参考になると思います。

16年4月24日Iさん240
Iさん(240分)
240分鉛筆デッサンとしては手数も多く見受けられますし、存在感、ボリューム表現も最低限満たしているのも良いでしょう。
ただし顔面部の構造と表情、頭部の髪の毛と顔面部と肩、首との空間性、後ろへ回した腕の表現、膝関節等の箇所がかなり稚拙にな描写になっています。全体として大まかなデッサン力はカバーしていますが、そう言った部分の写実性、リアリティが全く足りておらず、それが全体に写実性の感性や描写力不足を感じさせています。全くそこが残念なデッサンになっていますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                     ◇◇◇
以上、京都アトリエROJUEの渡邊一雅先生のワンポイントアドバイスでした。
渡邊先生、今回も丁寧なご指導をありがとうございました!

次回のエコールは5月3日、エコール初登場の素敵なモデルさんをお招きしました。
6月19日の渡邊先生直接指導の会へご参加される方は
5月3日、29日のエコールから継続して描いて、長時間デッサンの指導(最長720分)を受けることもできますので是非ご検討ください。もちろん1コマ(120分)のご参加もOKです。

皆様のご参加を心よりお待ちしております!(^O^)/

エコール・ド・ROJUE

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。