エコール 11月3日のご報告です

  07, 2017 10:01
◇お知らせ◇
次回のエコールは
11月23日()、12月3日()、24日(
裸婦720分固定ポーズです。
ご参加の方から是非とも!とリクエストいただいた日本人モデルさんが初登場されます。
詳細は一つ前の記事をご覧いただき、お申込みお問い合わせは
長時間固定ポーズデッサン会*エコール

まで(^O^)/お待ちしております!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
11月3日はエコールでは珍しい和服のセミヌード420分の最終日でした。
行楽日和の3連休にもかかわらずたくさんのご参加をいただき、本当にありがとうございました!
今回も最終ポーズに会場にいらっしゃって撮影をご快諾いただけた方の作品を、少しですがご紹介させていただきます。早速ご覧ください。

17年11月3日a
まずどんなポーズかわかる作品を。胸が片方だけ見える艶のあるポーズが多数決で決まりました。
装いは長襦袢ではなく着物になったので丈も長め、床に少し引きずるような形です。
正面(全光)側から描かれた2作品、パッと見た印象はかなり違っていますがどちらも今回のモデルさんらしい表情を良くとらえていらっしゃいます。

17年11月3日b
次に背景を描かれた作品から。モデルさんの背後には無地の布をかけ、そこに鮮やかな白地に青の模様の帯をかけています。
派手ではありませんが印象の強い帯をどのように画面に取り入れるか、いろいろな工夫をしておられました。
17年11月3日f
あえて背景は描かずに画面の空間を活かそうとしている作品です。半身全身、正面背後と全く違う状況ですが、人物と周りの空間の取り方のこだわりを感じます。

17年11月3日c
顔をメインに描かれている作品です。顔は一番作者の思い入れが入るところですが、たおやかで凛としたモデルさんの個性をしっかり表現していらっしゃいました。

17年11月3日d
水彩と油彩の作品です。着物は淡いクリーム地に水色の花に緑の葉、という優しい柄でした。コスチュームの回では色の画材を使うとまた一段と楽しく描いていただけると思います。

17年11月3日e
こちらの作品のようにパステルやコンテ、色鉛筆などの画材で制作される方も。モデルさんの優しい雰囲気を表現するのにぴったりでした。会場は美術室で鉛筆、木炭から油彩や水彩などほとんどの画材はお使いいただける環境です。是非お好きな画材で制作されてください。

まだまだ素敵な作品が会場には並んでいましたが、撮影のタイミングで全ての作品をご紹介できないのが本当に残念です。
掲載ご協力いただけました皆様、ありがとうございました!

次回のエコールは11月23日、裸婦固定ポーズになります。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

0 Comments

Post a comment

What's New